保護猫みけちゃん、お嫁にいく

こんにちは!

 

コトイロ店主、えがしらです。

 

 

さて、お久しぶりにみけちゃんの話。

表題の通り、お嫁にいきました♫(正確にはトライアル中です)

年末に血液検査を受けて、お嫁にいくまでのてんやわんやあれこれです。

 

 

保護ねこみけちゃんって??という方は↓からおさらい。

1話:迷子ねこを保護したらどうすればいい?実録 迷子ミケちゃんの話。

2話:迷い猫みけちゃん(その後)

3話:保護猫みけちゃん(さらにその後)

4話:保護猫みけちゃん、さくらねこになる

5話:保護猫みけちゃん、血液検査に行く

 

 

 

譲渡会参加をがんばる日々。

 

10月上旬に迷い込んできたみけちゃんを保護して、保護後、約一ヶ月経ってからは譲渡会の参加を始めていて、12月上旬に血液検査(猫エイズ・猫白血病)の検査を受けどちらも陰性、TNRに参加して不妊手術も終え、嫁入り支度は万端!

譲渡会参加初期の頃。不満いっぱいの顔・・

 

 

年始は新しいおうちにいけるといいねぇ~と譲渡会参加を頑張っていました。

ちょうど冬の時期。寒い間は仔猫が生まれなくなるので、譲渡会で強敵になる〈仔猫〉がいないのです(かわいい盛りの小さい子からどんどんきまっていくそうです)冬場がチャンス!とほぼ毎週末佐賀市近郊の譲渡会へ参加していました。

 

 

私、店主は店舗の営業があるので、譲渡会の参加は個人で保護活動しているNさんがお手伝いしてくださいました。

主に、ハッピーボイスさん主催の譲渡会に参加していましたが、たまに黄色いねこじゃらさん主催の久留米。あめねこさん主催の譲渡会など。どこにつながっているかわからないみけちゃんの赤い糸の先を探しにあちこちの譲渡会に参加。

 

寒い時期だったし、コロナの影響で譲渡会場は換気(開放)されているので、みけちゃんが寒くないようにケージの中に毛布をたくさんいれたり、ちいさい湯たんぽを持たせたり。

譲渡会場によっては移動距離があったりするので、みけちゃんがケージ内に拘束される時間が長くなります。できるだけ、ストレスを軽減できるように。。と思って準備して送り出していました。(みけちゃん、ちゅーるに興味がないので、途中でおやつでご機嫌をとることができません。。)

 

譲渡会場で両隣によその猫ちゃんのケージが並ぶと、ケージで区切られてるとはいえ猫嫌いのみけちゃんにはとてもストレスだったようで、いつも不快感丸出しの顔をしていました。譲渡会を見に来てくださった方にもシャーシャー言ってたようです。(ニンゲンは嫌いじゃないけど、不機嫌すぎてシャーがでる・・)

 

頑張ってるけど・・ご機嫌ななめ

 

外が見える場所での譲渡会はちょっとごきげん

 

 

 

おうちではこんな顔してるのに。。

 

 

みけちゃんモテ期到来

 

季節も移り変わって、桜が咲く頃。

福岡のちょっと遠方の里親さま希望の方から続けて数件お問い合わせを頂きました。

おぉっ!これは赤い糸なのでは!?とココロ踊らせて面会へ行きましたが空振り。

 

続けて3家族ほど面会しましたが、ご縁がつながらず。

 

何回も続くと心が折れそうになりました。(ご指名頂いて面会に行っているので通常の譲渡会よりは、まとまる率が高いようにおもってました)

でも、諦めて譲渡会の参加を辞めてしまえば、みけちゃんの〈ずっとのおうち〉は見つからないまま。

保護して半年経っても、我が家の猫たちと仲良くなる気配もなく、このまま家庭内隔離で飼育するのは、みけちゃんにとっても、我が家のねこたちにとってもストレスでしかない。

 

 

私がめげてる場合じゃない。

やれることをやろう。

やりきろう!

決意を新たに、SNSに掲載したり、譲渡会参加情報upしたり、おうちでの面会も対応しますよってお知らせしたり、またこれまで参加したことない地域の譲渡会へ連れて行ってもらったり・・とできることは精一杯やっていました。

 

 

「5月はこういうスケジュールでいきます」

 

 

搬送担当してくださるNさんとそんなやり取りのあと、5月最初の譲渡会。

 

なんと、トライアルのお申し込みを頂いたのです!

NさんとのLINEのやりとり。どうようしてます 笑

 

 

想定外の出来事にあたふた。あたふた。

 

 

1週間後にトライアルスタートします。ということで、5月中旬、里親さまのおうちへお届けし(このときもNさんに搬送をおねがいしました)現在順調にトライアル中です。

 

猫の飼育をしたことあるご家族に迎えていただき、みけちゃんが少々ごきげん斜めでも「ねこちゃんはこういうものですよね」とおおらかに構えていてくださり、とってもありがたいです。(そう、ねこってそもそもツンデレなんです。ムーンとマリィはツンデレの配分がちょっとおかしい)

 

 

お届けした初日は、知らないおうち、知らない匂い、知らない人に戸惑ってテレビの裏に隠れていたようですが、翌日にはいつもの様子がでてきた顔で遊んでもらっていました。よかった

しらないおうちにドキドキ

 

トライアル完了までまだ時間はありますが、大きなトラブルなく正式譲渡を迎えられそうです。

 

 

 

 

あたらしい名前はめいちゃん

 

コトイロに迷い込んできたみけちゃん。

人に慣れているのでどこかで飼育されていたのでしょうが、元の飼い主さんは結局見つからず。

1匹の猫のシンデレラストーリーを見ているようだ。˚✩とちょっと感動する気持ちもあったし、1匹の猫のご縁を繋ぐのがこんなにも大変なんだ。。と、猫たちのために活動する方々を尊敬する気持ちでいっぱいです。

 

たくさんの方、たくさんの保護活動団体さまにに助けていただきました。

本当にありがとうございました!

 

ちなみに、みけちゃん・・新しいお名前は《めい》ちゃんです^^

里親様のおうちで

里親様のおうちで

里親様のおうちで(あいかわらず外みるのが好き)

 

 

 

 

ちょっと保護活動は一旦休憩をとりたいと思いますが、またできる範囲でなにかお手伝いができればいいな。。と思っています^^

そんなわけで、保護猫みけちゃんシリーズはここでおしまい。

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが。

譲渡会に参加している保護猫は無償(タダ)で譲渡してもらえる。と思われていることが多いです。

言葉は悪いですが、血統書付きの猫じゃないし、保護した(拾った)なら元はタダでしょ?って発想なのかな。

 

 

たしかに、保護したその猫はタダかもしれません。

でも、保護したどの子も元気に長生きして欲しいから、里親様のもとでしあわせになってほしいから、譲渡するまでにいろんなケアをしています。

(この子は病気があるかもしれません。なんて状態の猫を家族に迎えたい方っていませんよね?)

 

○検便

○のみとり(時間をあけて2回投薬)

○ワクチン(初年度は2回接種)

○血液検査(猫エイズ・猫白血病)

○不妊手術

 

とくにトラブルが無い状態でもこれくらい。

事故に遭っていたりして怪我をしているともっと医療費がかかっています(ムーンは骨盤骨折していて保護団体さんの元で手術をうけています)

 

基本的なケアを行うだけでも数万円はかかります。そのため、保護主(団体)さんによって金額設定は色々ですが、里親さまには一部ご負担をお願いされます。どの保護団体さんもねこを譲渡して利益を上げているわけではありません。ボランティアなんです。

そんなことを知ってほしいな。と、やっと1匹、お世話した店主がちょっと思ったことでした。

 

 

 

 

 

 

 

関連情報

猫モチーフの雑貨と暮らし | cotoiro(コトイロ)

cotoiro(コトイロ)

佐賀県佐賀市の路地裏にある小さな雑貨店cotoiro(コトイロ)では、猫モチーフの雑貨を中心にセレクト文具、アクセサリー等、暮らしを彩るかわいいアイテムを取り揃えております。ご自分用にはもちろん、おうちの猫ちゃんや猫好きの方へのプレゼントにもおすすめです!当店の看板猫たちと一緒に、お客様のご来店をお待ちしております♪

屋号 cotoiro
住所 〒840-0012
佐賀県佐賀市北川副町光法1193-1
営業時間 火・水  /12:00~18:00
金・土・日/10:30~17:30
定休日 毎週 月・木
代表者名 江頭 貴子(エガシラ タカコ)
E-mail info@necozacca-cotoiro.com

コメントは受け付けていません。

特集

〒840-0012
佐賀県佐賀市北川副町光法1193-1

0952-48-0350

営業時間 / 10:30~19:00
定休日 / 毎週 月・木